最近発症率が高まっている新型うつ病|症状の特徴を徹底解説

うつ病と似ている

病院

新しい形の病

現在はストレス社会となっている為、どの人でもストレスを感じる環境にいると言っても決して過言ではありません。その為、心の病として有名なうつ病も決して珍しいものではなく、心の風邪と表現される事も有る程メジャーなものとなりました。また現在では新型うつ病と言う病気を患っている人も居るのですが、うつ病と新型うつ病には色々な違いがあります。元々うつ病自体は中高年の男性に多い心の病と言われる事も多く、うつ症状を訴える人は若い人には少ないと言われていたことが有りました。しかし現在では若い世代、また女性に多く打つ症状を訴える人が出てきており、従来のうつ病に合わせて新型うつ病と言われています。ただ新型うつ病という名前になっていますが、正式な病名ではなく、さらにその診断基準も明確になっていないのが現状です。新型うつ病の大きな特徴は、突然抑うつ気分に襲われるとか、他人の些細な言葉で非常に大きく傷つく等となっています。また卑下する言葉だけでなくほめた言葉に対しても皮肉を言われたのではないかと勘繰ってしまうことも珍しくありません。さらに自分のやりたくない事は出来なくなりますが、やりたい事は出来る為、ただ単にわがままを言っているだけと回りの人に思われてしまうことも有ります。さらに自分を責めるのではなく、基本的に自分を批判した他人に対して不満を抱き文句を言ったりするのもこの病気の特徴です。もちろん従来のうつ病と同じ様に精神的な症状だけでなく、肉体的な症状が発症する事も決して珍しくありません。ただうつ病の様に食欲がなくなる、眠れなくなると言う事は無く、基本的に眠る事は出来るし、もちろん食欲が減退する事もない傾向です。ただストレスを感じるとそれを発散する為に過食になってしまったり、過眠、さらに葉アルコールの大量摂取等を行ってしまうことも有ります。また、従来のうつ病は心が頑張り過ぎてSOSを発信している状態ですが、新型うつ病の場合はまだ頑張れる余裕が残っている場合も有ります。その為、激励の言葉を全くかけてはならないと言う訳ではなく、少々なら頑張れと言った方が良い時さえあるというのも特徴です。この様に、心に症状が出てくると言う点で言えばうつ病と同じ様な物だと言えますが、実際にはその症状は根本的な所では違っています。ただ放置しておいたとしても症状が自然に治って行くと言う事は少ない為、重症化させない為にも病院に行って適宜治療を受けるようにします。病院は精神科や心療内科を開業している所を選ぶようにし、複数回病院に通うことになるので、なるべく通いやすい所を選びます。

Go to Top