最近発症率が高まっている新型うつ病|症状の特徴を徹底解説

気になる症状がある時

婦人

何科に行くべきか

現在はストレス社会となっている為、うつ病や新型うつ病の症状で悩む事自体は決して珍しくなく、患者数も増えています。ただ虫歯と同じ様に放置しても治るわけではない為、適切な時に病院に行って、適切な治療を受けるようにします。まず、新型うつ病の場合は精神科でも心療内科でもどちらでも診察してもらうことが出来る為、どちらかの病院にまずは行きます。また治療の為にはある程度の回数通院する必要があるので、出来るだけ通いやすい所にある病院を選ぶ様にします。もし人目が気になると言う時は、敢えて自分の生活圏ではなくそこから離れた所の病院を選ぶ事も可能です。勿論病院自体は全国各地に存在しているので、自分が知っている所に通うだけでなく、ネット上の評判も病院選びをする上で十分参考になります。また、新型うつ病で病院に通う場合、他の病気と同じ様に医師と向かい合って診察してもらう形が一般的となっているので、受診したい医師のタイプで病院選びする事も可能です。例えば、男性医師が良いか、女性医師が良いかでも選ぶべき病院が大きく変わってくるからです。勿論総合病院の方が良いか、個人経営の開業医の方が良いのかと言う事も病院を選ぶ為の基準に含まれます。さらに、新型うつ病の場合、うつ病と同じ様に最初のうちは1週間に1回位のペースで病院に通う形が一般的となっています。したがって、自宅からあまりにも離れている所を選んでしまうと、通院する度に長距離を移動しなければならなくなってしまう事態に陥りかねません。それによって自分により大きなストレスがかかってしまうと、今までよりももっと症状が重症化してしまう可能性もあるので十分気を付けて病院を選びます。基本的には精神科に比べると診療内科の方が病院の敷居も高く感じない人が多いため、新型うつ病かもしれないと思った場合等にも通いやすくなっています。ただ、精神科・心療内科どちらも心の病気に対しての検査や診察を行っているので、どちらを選ばなければいけないと言うルールがあるわけではありません。出来るだけ通いやすい所を選ぶようにする事と、なるべく自分の肉体的だけでなく精神的にも負担を感じないような所を選ぶ様にします。病院に関する情報収集は周りの人に直接聞いて良い所はないかリサーチする方法も有りますが、新型うつ病自体デリケートな問題なので、あまり人には聞けないと言う事も有ります。その点、インターネットは匿名で利用する事も出来る様になっている為、どの病院が良いか情報収集するツールとして適しています。

Go to Top