最近発症率が高まっている新型うつ病|症状の特徴を徹底解説

抗うつ薬の種類と効果

カウンセリング

薬は補助的に用いる

新型うつ病はまだ分からないことが多い病気で、決定的な治療法も確立されていません。精神科のクリニックでは新型うつ病に対しても抗うつ薬が処方され、一定の効果を上げています。抗うつ薬の中ではSSRIやNaSSAなどが主に使用されます。SSRIは通常のうつ病でもよく用いられる薬で、副作用が比較的小さく、うつ状態や不安を和らげる効果があります。過眠・過食の症状がなければ、SSRIのかわりにNaSSAが選択されることもあります。新型うつ病では感情の起伏が大きくなり、他人や自分を傷つけてしまうケースがあります。そうした症状は気分安定薬で緩和することができます。暴力的な振る舞いが目立つときは、抗精神病薬が用いられることもあります。抗精神病薬は過眠を改善する効果もありますが、体重増加に繋がりやすいので気をつけます。不眠で困っている場合には睡眠薬、不安を解消するには抗不安薬が、対症療法的に用いられます。ただし新型うつ病そのものを治療する薬ではないので、多用は避けます。これらの治療薬は体質との相性もありますし、投薬量を少し変えると効果が大きく変わる場合もあるため、専門の医師が様子を見ながら処方する必要があります。一般に新型うつ病は通常のうつ病に比べて、抗うつ薬が効きにくいと言われています。また新型うつ病の患者は他人に責任を転嫁する傾向があり、決められたとおりに薬を服用しない可能性があります。そのため新型うつ病の治療は、薬物療法よりも認知行動療法などの心理療法が中心になります。認知行動療法は患者の物の見方や考え方を捉え、ひとつずつ修正して望ましい方向へ変えていくトレーニングの手法です。またスムーズに自己主張が行えるようソーシャルスキルを身につける人間関係療法や、規則正しい生活習慣を身につける生活リズム療法なども用いられます。医師による投薬治療とカウンセラーによる心理療法を併用することで、円滑な改善が期待できます。通常のうつ病は休養が何より重要になりますが、新型うつ病は休んでばかりでは改善しません。むしろ症状が軽いときには、できるだけ仕事や学校へ行くことが治療に役立ちます。こまめに体を動かして身の回りの整理整頓をしたり、外へ出て日光を浴びながらウォーキングしたりするのも、症状を和らげるのに効果的です。毎日同じ時刻に起床し、決まった時間にしっかりと食事を摂り、十分な睡眠を心がけることも大切です。生活習慣の改善が、治療の第一歩と考えてください。

Go to Top