最近発症率が高まっている新型うつ病|症状の特徴を徹底解説

真面目でなくても発症する

聴診器とサプリ

人に伝える時の注意点

近頃では若い世代の方々を中心に、定型うつ病とは異なる非定型の、新型うつ病になる人が増加しています。うつ病に種類があることはもとより、うつ病に関して殆どご存知ないことから、症状を悪化させるケースも見られますので、先ずは知識を付けることが大切です。とりわけ非定型の新型うつ病は、何事にも楽しさを感じない定型うつ病と違い、好きなことをしている時は、健常者と差異のない状態で喜びも感じられます。そのこともあり、新型うつ病という病気を良く知らなければ、自分がうつ病であると気づくことすらできません。特に初期段階ではちょっとした疲れやスランプなど、日常レベルでの不調として捉えがちになりますので、注意が必要です。新型うつ病は抑うつ気分と元気な気分が混在する新しいタイプのうつ病ですから、もしもその兆候がありましたら、お早めに精神科または心療内科へ行きましょう。最初は黙視できる範囲でも、治療せずにおりますと、そのうち実生活へ支障が出始めるため、症状が軽い間に治すよう気をつけてください。一方、定型うつ病は他人に迷惑を掛けたくないと頑張る人が発症する確率が高いのですが、新型うつ病は他人へ迷惑を掛けることはあまり気にしない人が発症します。新型うつ病のことをキチンと把握していなければ「自分は生真面目ではないのでうつ病にならない」と誤認してしまい、重症化を招きやすいですから気をつけましょう。新型うつ病は自己中心的な人物が発症する新しいタイプであることを踏まえ、今一度自らの状態をチェックしてください。また定型うつ病の患者は、自身がうつ病であることを周囲へ知られないように努めますが、新型うつ病は周りの人へ率先してうつ病であることを話すのも特徴になっています。ここで注意しておきたいのは、うつ病と伝える場合も、新型うつ病である旨をしっかり述べておくことです。でなければ、うつ病と聞いた人は終始意気消沈する従来の定型うつ病を連想してしまい、新型うつ病の症状とかみ合わなくなります。例えばうつ病と知り、気を遣って接してくれる人も、元気な気分に切り替わっている時の言動を目にしますと、本当にうつ病なのかと疑問を持つことが少なくありません。ともすれば、うつ病を言い訳にした怠け者といったレッテルを貼られる可能性があるため、十分注意しましょう。精神科または診療内科へ通いますと、周囲の人へ自分の状況を話す際のアドバイスももらえますので、新型のうつ病と思わしき時は専門医に相談してください。

Go to Top